0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/13

非常時の電力確保の重要性について

基礎知識

日本ではここ10数年の間で、東日本大震災や熊本地震、北海道地震のような大地震が起きております。その被害も大きく、長期的に電気が使えないということがございました。このような長期的な停電は企業にとっても甚大な損害を与えてしまいます。

○非常時に電力確保ができない場合どのような損害が出るか

緊急時には従業員への安保確認、取引先への状況連絡を行う必要がございますが、通信には電力を要しますので、電力の確保が難しいと情報伝達が滞り、結果的に大きな損害が出てしまうことになります。

他にも電力の確保ができない場合、猛暑日や寒波がきた際に空調の使用ができませんので、生命の危機に陥る可能性も想定できます。

○こうしたリスクの対処方法は?

このようなリスクの対処方法として、多いのが「社屋や自社所有敷地内に太陽光発電設備を設ける」ということです。太陽光発電設備を設けることで、電力会社からの送電が止まってしまっても、太陽光発電によって日中は電力を確保することが可能です。ですが、太陽光発電の設置容量によっては、すべての負荷を賄うことが難しい場合があります。ですので、停電時に動かしたいラインの確保や電気製品、機械などを事前に相談し、決めておくことが重要になってきます。

ですので、自社に太陽光発電設備を設置しておくことで、電力確保ができ大きな損害を生まなくても良くなります。日本は地震以外にも近年流行している新型コロナウイルスのような疫病でも電力確保ができないリスクが出てくる場合がございます。最悪の事態を想定してBCPの策定など、緊急時に対応できる体制を整えておく必要がございます。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!