0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/12

BCP対策のポイントについて

基礎知識

大地震や洪水など自然災害による緊急事態がもし起きてしまった場合、企業ではどのような動きを取るのか、想定はしておりますでしょうか。そのような計画を「BCP対策」と呼ばれております。このBCP対策を立てておくことで、緊急時に少しでも損失を抑えることができますので、最悪のケースに至ることはなくなるでしょう。

そんな、BCP対策を行なっていく上でどのようなポイントがあるのか実際に見ていきましょう。

○意識を全社で統一しておく

BCP対策は計画を立てるだけでなく、全社で意識を統一しておくことも重要です。というのも、緊急時に計画とマニュアルを策定したのは良いものの、意識を統一しておかないと、活用自体が難しくなってしまいます。一箇所でもBCPに対する意識が低いとBCP対策は機能しなくなります。ですので、日頃からBCPに対する意識づけをしておくことが大事になってきます。

○復旧の優先順位を決定する

BCP対策で自社の各事業の影響範囲を明確にしておく必要がございます。緊急時にそれぞれの事業が止まってしまった際にどのくらいの影響が出てくるのか、損害はどの程度か明確にしておくことで、早期復旧させるべき事業を決定することができます。

○復旧目標時間を明確にする

復旧の優先順位が決定したら、事業の復旧目標時間を決めておく必要がございます。業務停止によりどのくらいの時間で信頼がなくなってしまうかというところから逆算して制限時間を明確化させると言いようです。

以上がBCP対策を行なっていく上で、重要視しておきたいポイントになります。以上を踏まえた上でBCPの策定をされてみてください。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!