0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/11

中小企業におけるBCP対策の重要性

基礎知識

日本は地震や洪水等の影響が多い国として知られております。ですので、いつどの瞬間に災害が起きてしまうかわかりません。もし、災害が起きてしまった際にどのような動きをするのか。BCP対策は企業において重要になってくると考えられます。

○BCP対策とは

BCP対策とは、上記と内容が重複いたしますが、企業が自然災害や有事に影響を受けた際に、どのようにして「事業を継続・早期復旧するかの計画」のことを言います。

BCP対策の対象となる非常事態には、主に以下のようなものが想定されております。

・地震、台風等の自然災害

・テロ、戦争

・感染症による被害

このBCP対策は大企業は行なっているところが多いようですが、中小企業で検討しているところはトータルして少ないようです。

○中小企業におけるBCP対策の重要性

もちろん中小企業においてもBCP対策でもしもの事態に備えておくことは重要になってきます。理由としては以下の通りです。

・事業の継続をするため

BCPを策定しておくことで、非常事態が起こった場合も事業継続を行うために行動することができます。もし、非常事態が起こったときに「だれ」が「何」に「どのように」して行動すべきかを事前に計画しておくことで、事業の継続につながるようになります。

・社会的信頼性の向上

非常事態に企業内であたふたしてしまうと社会的な信頼を失うことになってしまいます。BCP対策を行うことで、非常事態においてもしっかり計画的に行動することができますので、社会的な信頼にも繋がります。

・ビジネス損失の低減

BCPを策定していない場合、事業再開の優先順位や復旧手順を罹災時に場当たり的に決めることが多く、ビジネス機会の損失が発生しやすくなってしまいます。ですので、事前にBCPを策定しておくことで、緊急時に優先すべきビジネス活動やその復旧・再開手順が明確になっているため、その計画に従って対応することによりビジネス機会の損失を最小限に抑えることができます。

以上のように、中小企業においてもBCPの策定はかなり重要になってきます。明日大きな災害が起きるかもと想定して考えておくことが先決と言えるでしょう。