0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/08/11

雪の多い地域での太陽光発電はどうなのか?

基礎知識

雪国と太陽光発電というのはあんまりイメージできないかもしれませんが、実は雪国でも太陽光発電事業をすることは可能となっております。ですが、諸々注意していかなければなりません。今回はそういった注意しておきたい点と雪の多い地域での太陽光発電は実際どうなのかというところをご紹介させていただきます。

 

〇雪国でよく聞く太陽光発電上のトラブル

・積雪による発電量の減少

太陽光パネルに雪が積もってしまうことで光は当たりづらくなってしまっておりますので発電量はもちろん下がってしまいます。ですが、太陽光パネルは傾斜になっていることがほとんどですのでパネルから雪が落ちるという可能性も考えられますので、あくまで筆者の考えですがそこまで深刻に考えるべき問題ではないような気はします。とはいえ一時的に発電量が下がる可能性はありますのでこまめにチェックできればするに越したことはないかと思います。

 

・雪の重さで故障するケース

太陽光パネルはメーカーによって異なるかもしれませんが基本的に約50cmほどの積雪は耐えられると言われております。ですのである程度の重さであれば故障リスクは少なるかとは思いますが、絶対に壊れないという保証はありません。ですので、万が一のトラブルに備えて定期的なメンテナンスといった配慮も大事になってくるかと思います。

以上、雪国でよく聞く太陽光発電上のトラブルになります。これらを通して、雪国で太陽光投資をするのは問題ないかと思います。ただ、雪国ならではのリスクも存在しますのでそういったところを保険でカバーするなど工夫は必要になってきますので注意しておきましょう。

 

〇現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!