0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/08/10

沖縄は太陽光投資に適しているのか?

基礎知識

沖縄は日本でも南に位置しているため太陽光がたくさんあたり、発電もかなりするのではないかということを考えがちですが、沖縄は日本列島の気候とは異なってきますので、実はそういったわけでもありません。もし、沖縄県で太陽光投資をするとなると日照時間や気温による影響等をある程度知っておく必要があります。今回はそういったところを込みで沖縄県は太陽光投資に適しているかをご紹介させていただきます。

 

〇沖縄で太陽光投資をする際の注意点

・日照時間が少ない

沖縄県は日本列島と比べ低緯度に位置しておりますが、台風接近による影響を受けやすいということもあり日照時間が減少しやすいと言われています。ですが、梅雨による影響はそこまで受けていないと言われているため日照時間の少ないハンデを潜り抜けるためにも4月から8月の期間でいかに効率よく発電できるかというところで変わってくるので工夫が必要になってくると思います。

・熱損失が出てしまう可能性

太陽光パネルにはセルと呼ばれる半導体が動くことによって発電をしてくれるのですが、そのセルの弱点として熱に弱いという点があります。つまり表面温度が高くなりすぎると発電効率が下がりその分の熱損失が発生してしまう可能性があるというわけです。ですので、こういった熱損失を生み出さないためにも、効率よく発電してくれる仕組みを構築しておく必要があるというわけです。

 

以上、沖縄で太陽光をする際の注意点になります。この点を踏まえて沖縄県で太陽光投資は適しているかというと、気を遣う点は多いですが、そういったところをクリアできる方は沖縄での太陽光投資も可能なのではないでしょうか。ぜひ、投資を検討の際は参考にしていただけますと幸いです。

 

〇現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!