0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/08/09

鹿児島で太陽光発電を行う際の注意点とは!?

基礎知識

太陽光発電の案件を何件か見ているとなんとなく鹿児島は案件数が多いように感じるのではないでしょうか。理由はおおよそ検討はつくかもしれませんが、日本列島では最南に位置していることから温かい地域のため人気というところです。確かに、鹿児島での案件はおすすめの物件と言えるのですが、鹿児島ならではの注意点もございますので今回はご紹介させていただきます。

 

〇鹿児島で太陽光発電を行う際の注意点とは!?

・火山灰による影響

鹿児島のシンボルといえば桜島ですが、そんな桜島はここ数年、噴火をかなりするようになり多いときには年に1000回噴火するということもあります。となると、火山灰がパネルの上に積もってしまうというリスクも想定しておかなければなりません。もちろん火山灰がパネルの上に積もることで発電環境に影響は出てきてしまいますが、その上に雨が降ってしまうと泥のようになりパネルにも影響を及ぼしかねません。ですので、こういったリスクを想定しこまめな清掃をしてくれるように段取りしておくのも一つの手ともいえるかと思います。

・台風による影響

火山灰と同様に台風による影響も考慮しておかなければなりません。鹿児島は2019年までの段階で台風の上陸数はかなり多いと言われております。この台風によるリスクは様々です。例えば、「強い風でパネルが飛ばされてしまう」「硬いものが飛んできてパネルに当たりパネルを損傷してしまう」「大雨による冠水の影響」等考えられるところをある程度想定しておくのも大事かと思います。もしも、被害が出てしまった際の保険に加入するなど万が一のリスクを想定して動くのも手段の一つかと思います。

 

以上、鹿児島で太陽光発電を行う際の注意点でした。上記のように注意点をあげましたが、鹿児島は温暖な気候ですので、太陽光発電の物件としてはかなり適していると言えます。太陽光投資を検討の際は一つの参考になれば幸いです。

 

〇現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!