0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/04/29

太陽光投資の疑問の声にお答えいたします!!②

基礎知識・コラム

太陽光投資は専門的なところがあるということで運用を検討している方からよく質問をいただきます。今回はそんな疑問の声に少しお答えさせていただきます。

 

〇設備は運用途中でも売却することは可能なのか?

先に結論を申し上げると売却をすることは可能です。ですが、売るからには買い手を探していかなければなりません。太陽光投資は基本的に固定価格買取制度で保証されている売電期間の20年間運用することが一般的ですので、途中で売却するとなると明確な理由を提示する必要があります。もし、理由を提示しなかった場合、買い手からは実績がよくなかったから売却すると思われても仕方がありません。ですので、買い手に不安要素が無くなるようにする必要があります。もし、買い手に困った際はセカンドソーラーでもご相談受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

 

〇1日あたりの発電量はどうやって求める?

1日当たりの発電量は「1日当たりの平均日照量(H)×システムの容量(P)×損失係数(K)」の計算式に当てはめることで算出することが出来ます。この損失係数とは太陽光発電を運用している際に起きてしまう弊害によって生まれてしまう発電のロスのことを言います。

 

以上、よくいただく質問をご紹介させていただきました。過去にもよくいただく質問等を記事にさせていただいておりますので、こちらもよろしければ合わせてご覧ください。

記事:太陽光投資の不安の声にお答えいたします!!
   太陽光投資の疑問の声にお答えいたします!!

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!