0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/08/27

太陽光パネル新税導入について

基礎知識・コラム

ここ数年で注目の集まっている太陽光投資ですが、最近は売電価格の低下のみならずFIT法終了の検討と投資家によってはあまりうれしくないニュースが続いておりますが、さらに追い打ちをかけるかのように2019年岡山県美作市にて「太陽光パネル新税」の導入を目指し条例案を議会に提出したことが明らかになりました。

ですが、仮に通ったとしても、最終的に総務省の同意を得ることが出来なければ導入はできませんので実際に導入されるかどうかについては未だわからないところです。

だからと言って油断はできません。もし、総務省にこの案が通った場合、払わなければならない状況になるのは当然ですがこれが全国に広まってしまうということも考えておいた方がいいかと思います。太陽光推進派にとってはかなりの痛手となってしまいます。「二重課税になるのではないか」「再エネ事業という国策に反するのではないか」美作市ではこういった異議申し立てを立てている人が多いそうです。

 

今回はなぜ、「こういった法定外新税を必要としているのか」「なぜ、太陽光発電に特別に課税する必要があるのか」というところをご紹介させていただこうと思います。

 

〇なぜ、美作市では新税が必要になったのか?

美作市のこの法定外新税の使い道として挙げているのが「環境保全」「環境対策」「生活向上」などを挙げているのですが、明確な使い道については未だ発表がありません。もし、この法案が通ったとして納税する場合は明確な使い道を挙げてほしいものかと思います。

 

〇なぜ、太陽光発電に特別に課税する必要があるのか?

あくまで予想なのですが、美作市に太陽光発電所がかなり増えていることを問題視し課税の対象になったのではないかと考えられます。これを前提に話を進める場合、明確な根拠がわからない為実際に何が問題なのかというところはわかりません。

 

今回はネットにある記事を参考に当記事を書かせていただいたのですが、なぜこのような新税を導入する動きが出ているのか、納税者にもわかる明確な根拠を示していただきたいと私は考えております。太陽光発電事業を検討される方々はもしもの場合も考えられますのでこの「太陽光パネル新税」について調べておいた方がいいかと思います。