0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/03/24

不動産投資より太陽工発電の方がローリスク!そのわけとは

基礎知識・コラム

当ブログを読んでいただいている方の多くは太陽光投資をご検討

もしくはどういった投資をこれから始めようかとご検討中かと思います。

その中でもよく比較されるのが不動産投資と太陽光投資どちらが有益的なのかというところだと思います。

筆者の考えとしては太陽光投資の方が安定的に収益を出すことが可能なのでオススメです。

その理由とは?

その1、不動産投資より太陽光投資の方がローリスク

不動産投資は長期的かつ安定的に収益が得られると考えられがちだが住居人がいない限り収益は入りません。

銀行から大金を借りしばらく住居人が来ないということを考えると大変リスキーなものと言えるかと思います。

ローンが返せないとなると最悪のシナリオになってしまいます。

これに比べ太陽光投資はFIT法により20年間安定的に電力会社が買い取ってくれるため、

銀行から大金を借りても安心して返済することは可能です。

その2、太陽光投資は利回りが高い。

例として2,000万円の融資を受け中古太陽光を購入した場合、

利回り10%だった場合約10年ほどで売電金額をもとに融資金額分を回収できる計算になります。

残りの10年間で収益を出すことが可能なので単純計算ですと20年間で2,000万円の収益を出すことが可能です。

不動産投資に比べ短期的ではございますが、高い利回りで安定的に収入を得ることができますので安定して収益を出すことが可能です。

上記のことからもお気づきかと思いますが、不動産投資は運が必要となります。

そして、今回は記しておりませんが不動産投資をする上で多くの知識も必要になります。

こういったことを考えると副業としてのリスクはかなり大きいと言えます。

・投資をする上で時間をあまり割きたくない
・副業として投資を検討している
・リスクが少ない投資をしたい

こういった方は太陽光投資の方が向いていると言えます。

太陽光投資もある程度の知識は必要となりますが、不動産投資ほどの勉強量は必要ありません。

そして、先ほども記した通りFIT法により20年間安定して自動的に収益が出せますので

副業としてのリスクも低いと言えるでしょう。