0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/03/23

太陽光投資と不動産投資どちらが得なのか。

基礎知識・コラム

当記事をご覧いただいている方の中には太陽光投資を検討いただいている方いらっしゃるかと思います。

その比較対象として考えられるのが不動産投資になります。

太陽光投資、不動産投資のどちらが利益率が高いのでしょうか。

まず、不動産投資のメリットから見ていきましょう

その1、安定収入の確保が可能

基本的に1年もしくは2年で借りることが多く長期的かつ安定的に収入を得ることが出来ます。

めったなことが無い限り家賃を下げるということも出ない為そちらに関しましても安定的と言えるかと思います。

なんといっても本業以外の収入が長期的かつ安定的に入ると考えると投資としてはいいものと見れるかと思います。

その2、私的年金になる。

現在、年金受給が65歳以降となり定年後の収入が困難となる方も増えてきているようです。

ここを考えると不動産収入で受給までの年金の代わりとなるので期待はできるでしょう。

 

以上の面を考えると不動産投資のメリットを感じますが、逆にデメリットを見ていきましょう

その1、空室が出る場合がある。

上記のメリットはあくまで入居者がいるときのメリットになりますが、

そこの物件に長期的に住居人がいるとも限りません。

退出したのちにすぐ入居者が来るとも限りませんので収入を得ることはできません。

その2、購入物件にリスクがある場合がある。

不動産投資をする際に購入する物件に問題がある場合というのがあるようです。

例えば、購入した物件が事故物件だったというケース。

購入した物件が住居人によって火事を起こしてしまう。などなど

こういったデメリットが存在する以上不動産投資をするというのはリスクを伴ってしまいます。

 

以上の不動産投資に比べると太陽光投資は比較的安定的に収入を出すことが可能です。

短期的ではございますが、20年間固定価格での買取を約束しておりますので

安定して売電収入を得ることが可能です。

購入するだけで収入が得られるので投資としてもローリスクかつ導入しやすいかと思います。