0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/23

SDGsウォッシュによって起きてしまう弊害とは

基礎知識

経済も時代の進歩とともにグローバルな社会となってきました。グローバルな取引を行なっていく上で重要視していきたいのが、SDGsの取り組みです。ですが、このSDGsの取り組みを行うのはいいものの、うわべだけの取り組みになってしまうと当然「SDGsウォッシュ」であると批判の対象となってしまいます。

そして、この「SDGsウォッシュ」とみなされてしまうとさまざまな弊害が起きてしまいます。

○SDGsウォッシュによって起きてしまう弊害とは

・自社製品の販売の停止、商品の不買運動

SDGsウォッシュとみなされてしまうことで企業の商品やサービスへの信用が大きく損なわれてしまいます。こうなることで不買運動や企業イメージの低下につながってしまいますのでかなりの損失を受けてしまうことになってしまいます。

・株価低下・融資が難しくなってしまう

SDGsウォッシュであるとみなされてしまうことで、投資家や金融機関からの信用も失ってしまいます。現在主要である投資家はESG投資が主流となってきておりますので、ESG投資銘柄からの除外などを通じて株価が低下してしまいます。また、金融機関ではESGやSDGを推進したサステナブル融資が主流となってきておりますので、SDGsウォッシュとみなされることで融資の条件が厳しくなってしまったり、融資を受けている場合は停止されてしまう可能性が出てきてしまうなど大きな損失を受けてしまう可能性がございます。

このようにSDGsウォッシュによって大きな損失につながってしまう可能性がございます。ですので、SDGsウォッシュとみなされないようにSDGsについてしっかり把握し計画を立て取り組みを行うようにしましょう。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!