0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/22

SDGsウォッシュの具体的な例

基礎知識

グローバルな企業を目指していくにあたって、まずSDGsの取り組みをアピールしたいところになってくるかと思います。ですが、このSDGsの取り組みを中途半端に行なってしまうことでSDGsウォッシュだと指摘されてしまう可能性が出てきてしまいます。

○SDGsウォッシュについて

まず、SDGsウォッシュとは、実態が伴っていないにもかかわらず、SDGsに取り組んでいるように見せかけている行為を指しております。

ではこのSDGsウォッシュ、具体的にはどういった場面で言われてくるのかみていきましょう。

○SDGsウォッシュの具体的な例

・取り組みのアピールに対して、不十分であるケース

SDGsの取り組みをすることはいいものの、取り組みが不十分である場合SDGsウォッシュの対象となってしまうようです。例えば、エコな電力を使用していますとアピールしておきながら、火力発電でできた電力を使用するといったところでしょうか。ですので、サプライチェーンも含め取り組みはしっかり管理しておくことが大事になってきます。

・SDGsの他の項目を無視している

次にSDGsとしてきされる例としてよく耳にするのが、SDGsの他の項目を無視してしまっているというケースです。SDGsは17の目標、169のターゲットがございます。SDGsの取り組みを1つの目標に絞り取り組んでいたとして、その取り組みが他の目標に抵触するような動きをしてしまうと当然SDGsウォッシュであると批判の的になってしまいます。

このようにSDGsの取り組みを行うにはSDGsウォッシュとしてきされないようにSDGs全体の動きもしっかり理解しておく必要がありそうです。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!