0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/10

BCP対策と防災対策の違いについて

基礎知識

自然災害の多い日本で企業経営をしていく上でもしもの事態に備えBCP対策は事前に立てておく必要がございます。

○BCP対策とは

BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。(参照:中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針」より)

そんなBCP対策と似た用語として「防災対策」がございます。

そこで今回はBCP対策と防災対策の違いについてみていこうと思います。

○BCP対策と防災対策の違いとは

まず、BCP対策は自然災害含めた緊急時全てが対象であるのに対し、防災対策は地震対策や洪水対策などの自然災害のみが対象となっております。

次にBCP対策は事業を継続することが目的であるのに対し、防災対策は自然災害から現物資産を守るため、自社のみが対象になります。

最後に、BCP対策は経営資産が失われた際に、予備として資産を戻すルートを確保したり、レンタルの計画をたてたり、設備を手動で使うためのマニュアルを作成するなどの対策をするのに対し、防災対策は経営資産が失われないよう事前に対策をすることを言います。

このようにBCP対策と防災対策は具体的に見ると違いが明確なのがわかるかと思います。緊急時に対応できるようにするためにもBCP対策はしっかり練っておく必要がありそうですね。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!