0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/08/13

2020年、投資をするなら産業用太陽光?住宅用?

基礎知識

みなさまもご存知の通り2020年は新型コロナウイルスの影響により波乱の年となっております。コロナショックとまで呼ばれる経済状況でございますので投資界にはかなりの影響が出ているのが事実です。そんな2020年、太陽光業界はというと運用に関してはまだそこまでダメージを負っているというような情報は入っておりません。ですので、比較的安定的な投資と言えるかと思います。

では、2020年投資をするなら産業用太陽光か住宅用の太陽光、どちらがいいのか見ていこうと思います。

 

〇産業用太陽光とか住宅用太陽光の違い。

まず、産業用太陽光発電は10kW以上の出力の設備のことを言い、昨年までは10kW以上の物件(一部対象外)は発電した電力をすべて売電できる全量売電対象でしたが、今年(2020年)からは50kW以上250kW未満が全量売電の対象となっております。

次に住宅用太陽光は10kW未満の出力の設備のことを言い、発電した電力をまず家庭で消費し余った電力を電力会社に売電する余剰売電になります。

このように家庭用に関してはそこまで大きな変化はないですが、産業用には今年から大きく対象が変わったことにより昨年までの太陽光とは少し変わっているということがわかるかと思います。

 

〇2020年投資をするなら産業用?住宅用?

先に結論から申し上げると、ある程度の利益を出したいという方は産業用、電気代を可能な限りお得にして、大きな利益は望まないという方は住宅用という選択肢でいいかと思います。ですが、産業用は2020年から実質低圧での太陽光投資ができなくなったと言ってもいいかと思いますので、必然的に高圧での投資となってくるかと思います。この高圧での投資はある程度の時間と手間とコストがかかりますのでそういったところは慎重になった方がよさそうです。

もし、「安く、時間と手間」をかけずに全量売電できる産業用の太陽光発電投資をご検討の方はぜひセカンドソーラーでの中古太陽光投資もご検討ください。

 

〇現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!