0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/26

太陽光売電収入は青色申告ができる!?

基礎知識

太陽光投資での収入は基本的に確定申告で申告をすることになってくるかと思います。収入が高すぎるとその分所得税も上がってしまいますのでなるべく控除を受けることが出来るのであれば受けたいところですよね。

 

〇白色申告と青色申告

確定申告をする場合、白色申告と青色申告の2つに分かれます。ここでの詳細ははぶかせていただきますが、簡単に説明しますと不動産所得、事業所得、山林所得を有する事業者が、毎日の取引を帳簿へ記録し、その結果を確定申告書に記載して申告する制度のことを青色申告、それ以外の方が白色申告になります。

この青色申告を受けた場合は最大65万円の青色申告特別控除を受けることができ、減価償却で損失が出たときに翌年以降に持ち越し節税対策をすることも出来ます。

 

 

〇太陽光売電収入は青色申告が出来るのか?

始めに結論から申し上げると太陽光売電収入で青色申告で申告することは可能です。ですが、条件がございますのでそちらをご紹介します。

まず、青色申告を利用することができるのは事業所得もしくは不動産所得の場合になります。ですので、太陽光売電収入が事業所得、不動産所得であった場合は申告で控除を受けることが可能です。

ここから注意していただきたいのは、個人で全量売電の収入を得ているという方です。設置した太陽光設備に対して特段の管理を行っているかどうかで、事業所得か雑所得かが分かれます。もし、雑所得であった場合、白色での申告になりますので控除を受けることが出来ませんのでご注意ください。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!