0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/25

太陽光発電での確定申告の経費はどこまで?

基礎知識

産業用での太陽光投資を行う場合、多くが年間所得20万円を超えますので確定申告が必要になってくるかと思います。

 

太陽光投資で確定申告が必要になる条件についてはこちらの記事でご紹介しておりますので合わせてご覧ください。

記事:太陽光投資での確定申告が必要になる条件

 

今回は太陽光発電での経費は確定申告でどこまで認めてもらうことが出来るのかご紹介させていただきます。

 

〇固定資産税

固定資産税とは太陽光設備を置く土地にかかる税金のことで、産業用の場合のみ発生します。この固定資産税も経費に計上することが可能です。

 

〇減価償却費

収入を得るうえで必要な高価な経費は減価償却費という考え方をすることが出来ます。これは太陽光発電の場合でも当てはまりこの減価償却費も経費として計上することが可能です。計上の方法としては毎年定額での計上が一般的となっております。

 

〇ローン利息

太陽光発電システムは高額ということもあり、多くの方がローンを組んで設置をしているかとおもいます。そのローンの利息も確定申告を行う際は、太陽光発電を購入・設置する年間の支払い利息を経費として計上することが可能となっております。

 

これら以外にも、メンテナンス費用やパワコンの運電費用、通信費なども経費に計上することが出来ます。

太陽光投資をしていく上で確定申告はおそらくマストなところとして出てくるかと思います。投資を始める前に申告について調べておくのも一つの手かもしれませんね。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!