0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/05

太陽光発電に必要な土地面積はどのくらい!?

基礎知識

余らせている土地をどうにかできないかという声を最近よく聞くようになりました。田んぼや畑で過去に土地を使用していたが今では使用せず放置している状態という方が多いようです。そういった土地を有効活用できる手段としてあげられるのが「太陽光発電」です。田んぼや畑で利用できる土地は日当たりのいい物件が多いので太陽光発電に必要な大きささえあれば有効に活用することが出来るというわけです。

 

〇パネル容量ごとに必要な面積

環境省の資料によりますと、1kWあたり15㎡程度の土地が必要とありますので以下のようになります。

10kW 150㎡
20kW 300㎡
30kW 450㎡
40kW 600㎡
50kW 750㎡
60kW 900㎡
70kW 1,050㎡
80kW 1,200㎡
90kW 1,350㎡
100kW 1,500㎡

 

〇パネルの間隔

アレイを複数列に並べる場合、後列のアレイとの間に隙間が必要になってきます。これは管理をするための通路としても必要にはなってきますが、この隙間を作ることで前列のアレイの影にかかることなく発電量の確保をすることが可能です。設置角度が大きいほど影の影響がでやすくなりますので通路を広く確保する必要があります。

 

〇フェンスや柵のスペース

野立ての太陽光発電設備は、周りを柵やフェンスで囲むということが改正FITによって義務化されました。ですので、この設置範囲は確保しておかなければなりません。一般的には柵からパネルまでは1メートル以上離れていることが望ましいです。

 

以上のようにある程度の大きさを持った土地を保有されている方は太陽光投資で有効活用してみてもいいかもしれませんね。

セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!