0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/10/13

太陽光用地を購入するメリットとデメリット

基礎知識

太陽光投資をする上で改めて土地を購入するという方が多いかと思います。そこで、今回は太陽光用地を購入するメリットとデメリットについてご紹介させていただきます。

 

太陽光用地を購入するメリット

 

“太陽光用地を購入して発電を行うメリットは、自宅の屋根を使う必要がないところが一番大きいかと思います。広い面積で太陽光発電ができるのもメリットになります。屋根で太陽光発電を行う場合は屋根の大きさやデザインによって生産できる電気量が変わることがあります。太陽光発電の機器は屋根の大きさ分しか設置できないので、生産できる電気量にも限界がでてきます。傾斜がある屋根は時間帯によって生産できる電気量が変化しやすいのですが、平らな太陽光用地は太陽光を最大限に活用することが出来ます。

また失敗するリスクが少ないという点も、太陽光用地を購入するメリットと言えるかと思います。屋根に発電システムを設置した場合、台風や地震などの災害で屋根が破損するリスクが出てきます。経年劣化によって屋根が傷んでくると災害の被害にあうリスクも高くなって来るかと思います。平らな土地での太陽光用地の発電はこういった心配が少なくて済むので大きなメリットと言えるかと思います。

 

太陽光用地を購入する側のデメリット

 

太陽光用地を購入して発電をする場合のデメリットも残念ながらございます。例をあげると初期費用が多くかかることです。新規で太陽光発電システムを設置する場合、太陽電池パネルや管理システムなどの機器を自身で用意しなければなりません。自分で作業が行えないときは、専門の業者に設置工事や配線工事を依頼する必要があります。発電システムを設置する前には太陽光用地を購入しておく必要があるため、初期費用として土地の代金も負担することになるかと思います。機器を設置しやすいように整地をして地面を平らにしたり草が生えないように防草シートをしいたりするとさらにコストが発生します。

 

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光を取り扱っております。

 

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数取り扱っております。中古太陽光は実際に稼働させておりましたので購入後すぐに稼働させることが可能です。もし、太陽光投資検討の際はぜひ当サイト物件一覧をご覧くださいませ。