0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/09/05

太陽光発電と天気の関連性について

基礎知識

太陽光発電はその名の通り太陽光の日射によって電力を生成しておりますので天気との関連性というのはかなり深いと言ってもいいかと思います。その日の天気や気温、方角などなどで発電効率が大きく変わるのでもし、投資をされる際は今回の記事是非ご覧ください。

 

〇ソーラーパネルの発電効率が落ちてしまう条件について

 

・天候・天気・・・太陽光発電の場合、曇りや雨の場合は太陽光が入ってこない為発電効率がかなり下がります。また、気温が高すぎるのも効率を落としてしまう一つの要因でありソーラーパネルの温度が25℃を超えてしまうと効率は落ちてしまいます。真夏であれば北の地方の方が発電効率がいいと言われているのもそのことがあります。

 

・パネルの向きや場所・・・発電効率を落とさない為には日射量の多い場所であったりパネルの向き角度に注意して設置する必要があります。また、周りの木々や建物等で影が出来てしまわないように設置することも発電効率を落とさない為に重要とされております。

 

・汚れ・・・ソーラーパネルは基本的に屋外に設置するため、雪や鳥のフン等で汚れがついてしまうことがありますのでその汚れを取る必要があります。もし、汚れをそのままにしてしまうと発電効率が低下してしまうので注意が必要です。

 

いかがでしょうか?このように発電効率は大きく天気がかかわってきます。これらをクリアするために気を付けなければならないことがあります。例えば、メンテナンスです。ランニングコストを抑える為に定期的にメンテナンスを行わない方がいらっしゃるのですが、ただでさえ雨や曇りの際発電効率が落ちてしまうのに、晴れている日にパネルが汚れていたりしたら発電効率をおとしてしまうだけなのでもったいないです。設置をする際はこの点も十分に検討しておいたほうがいいかと思います。

 

以上、太陽光発電と天気の関連性についてでした。当サイトに掲載しております中古太陽光物件は実際に稼働した実績がありそのデータがありますので安心して稼働させることが可能です。太陽光投資をご検討の際はぜひご覧ください。

 

物件ページはこちら!!