0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/08/20

初期費用「0円」の太陽光投資は可能なのか!?

基礎知識

太陽光投資を検討中の方はいろんな物件を検索して、初期費用「0円」もしくは「初期費用は掛からない」という謳い文句を目にしたことはありますでしょうか。少し下調べをしている方から見ると明らかにあやしいうたい文句に見えるのではないでしょうか。今回はそんな初期費用「0円」というのは実現可能なのか?というところを解説させていただきます。

 

初期費用なしで投資は可能なのか?

 

早速、からくりから紹介させていただきますと初期費用「0円」はソーラーローンや銀行融資などを利用することで「手持ち資金なしでも始められる」という意味になりますので、実際に初期費用がかからないのかというと答えはNOになります。ですが、太陽光投資で得た売電収入でその初期費用分の回収が出来れば資金なしでの投資は可能になりますので手持ち資金なしの投資は可能に近いと言えるかと思います。

 

固定価格買取制度で安定した収入が入る

 

太陽光投資は基本的に固定価格買取制度を利用して売電で得た収入で初期投資分を回収し回収しきった分が収入になるといった仕組みになります。この固定価格買取制度の仕組みは10kW以上の太陽光発電設備の場合、20年間国が発電した電力を固定価格で買い取ってくれるというものになっております。毎年売電価格は変動しておりますが認定がおりた年での売電価格で買い取ってくれるので売電価格が下がったからといって自分の設備の売電価格は下がらないのでご安心いただければと思います。

 

初期投資の回収は可能なのか!?

 

こうなるとやはり気になるのが初期投資の回収はできるのか実際に気になるかと思います。安定した売電収入が入るからと言って20年間で初期投資分が回収できないとなると投資の意味がありません。ですので、最初のプランニングがかなり重要になってまいります。予算、売電収入、回収期間を照らし合わせながら自分に合ったプランニングをしましょう。

 

中古太陽光ですとプランニングがやりやすい!!!

 

稼働歴のない太陽光物件の場合、土地の立地や気候等のデータを照らし合わせながらある程度予測しシュミレーションを行うので見通しとしてはどうしても現実的にすることは難しいです。ですが、中古太陽光の場合実際に稼働歴、発電実績がありますのでシュミレーションが行いやすいのです。こうした自分に合ったプランニングを行いやすいという面で中古太陽光はメリットが大きいので是非ご検討してみてはいかがでしょうか。当サイトにも多数物件掲載しておりますのでご覧ください。