0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/05/09

太陽光投資融資を受けるには銀行・信販会社どちらが先がいいの?

基礎知識

太陽光投資での設備購入額は簡単に手が出せる値ではございませんので恐らく多くの方が銀行から融資もしくは信販会社からソーラーローンを受けることになるかと思います。太陽光投資に関しては近年メーカーや施工業者の努力によって設備費用が下がってきているので投資のハードルとしては低くなってきているのも魅力の1つと言っていいでしょう。

では投資を受ける際、先に銀行に行くべきか信販会社に行くべきか悩む方が出てくるかと思います。今回は銀行と信販会社の特徴を見ていきながら判断していただければと思います。

〇銀行の特徴

銀行は金利が少し低めですので高額の融資を受けても返済額が低いという面ではメリットと言えるかと思います。借り入れをする際メガバンクは法人に対しては積極的ではありますが個人に対しては消極的な傾向があります。個人の場合は地方銀行や信用金庫ですと融資をオープンに受け付けてくれます。普段からの取引が特になくても対応してくれることが多いです。

〇信販会社の特徴

信販会社は、太陽光発電の投資物件を販売する物件が提携している場合利用が可能です。金利自体は高めではありますが、申し込み手順が簡単なため銀行などで融資が受けることが出来なかった方が利用されます。

以上のことからわかる通り、個人個人の環境や投資物件によって変わってきます。

金利のことを考えると

銀行>信販会社

通りやすさで考えると

信販会社>銀行

となります。

 

さて、問題のどちらを優先していけばいいのかというところになってくるかと思います。ここに関しては融資期間の融資姿勢によって変わってくるのであくまで一個人の意見として見ていただければと思います。

別の金融機関で新たにローンを組んで、現在借りているローンを一括返済するという「借り換え」をする場合、信販会社を先に行ったほうがいいと考えられます。信販会社からの借り入れを銀行で借り換えるというのはよく聞きますが、この逆はあまり聞きません。銀行的にはこの借り換えはあまり好ましくないことで借り換えによって一括返済された銀行は二度と利用が出来なくなります。

以上は繰り返しになりますが、一個人の意見になりますので太陽光の投資をする際は業者に相談するのがベストでしょう。