0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/03/27

もう太陽光投資は富裕層だけのものではない!?

基礎知識・コラム

投資という言葉を聞くとどうしても富裕層だけがお金儲けとして手を出すものというイメージが出るかと思いますが、もはや今の時代そのような考えは捨てたほうがいいのかもしれません。

その理由について記していきます。

1.一般職の給料UPが見込みづらい。

多くの方が少しずつキャリアを重ね給料が上昇しているかと思いますが、上昇と言っても大幅に上がることは無い方がほとんどです。

アベノミクス効果で日本の株価自体は上がってきておりますが、サラリーマンの年収の変化はそこまで見られてないのが現状と言えるでしょう。

このように経済自体は回復しておりますが未だに多くの企業で給料が伸び悩んでいることを見ると今後の給料上昇は見込みづらいかと考えられます。

2.預金での金利がかなり低い

数年前までは金利が高かったので投資としては見込みがあったのですが、現在は0.2%程でかなり低いです。仮に100万円預けたとして1年間で2,000円、10年間で20,000円しか増えません。

こう考えると投資としての利益見込みがかなり低いものと言えます。

現在の景気の安定具合やインフレ率を見ていると今後も金利が上がってくることは難しいかもしれません。

以上のことを見込むと今のうちに投資に手を出したほうが今後のメリットが大きいと考えられます。

その中でも太陽光投資は一般職の方でも手が出しやすくなってきております。

理由としてまず、ローンを借りやすいことがあります。

太陽光投資は数あるさまざまな投資に比べ安定性が高いと言われています。

まず、不動産投資のような空室リスクがでることで収入が途絶えるということが太陽光投資ではありません。

よっぽどのことが無い限り太陽光発電が止まることはないので安定して収入が出せます。

また、FIT法と呼ばれる固定買取制度もあるため投資としては非常に安定性が高いです。

このことから太陽光発電投資は金融機関からのローンも借りやすく返済計画なども立てやすいです。

そして、年々技術の向上などにより太陽光の設置費用が下がってきており

初期投資額としても手を出しやすくなってきております。

それと比例して売電価格も下がってきてしまっておりますが、収益として大きな損傷は無いと言われています。

是非、これを機に一度太陽光投資をご検討ください。