0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/14

太陽光設備の標識設置について

基礎知識

太陽光投資を行っていく上でいくつかルールがあるのはご存知でしょうか?太陽光投資を行う場合、改正FIT法にのっとってやっていかなければなりません。その改正FITの中に、標識・看板についての事項がございます。

 

〇標識の取り付けは義務なのか??

 

標識を設置することは認定をうけるための「遵守する事項」になりますので、標識を取り付けないと認定を受けることはできません。最悪の場合、認定取り消しの可能性もございますのでFITでの売電を行う場合は標識や看板の取り付けはマスト事項になります。

 

〇標識や看板を取り付ける対象について

 

20kW以上の太陽光事業者は標識や看板を取り付けなければなりません。ですが、屋根上に設置されている設備では緊急時の連絡先が建物の所有者となり明らかですので設置は不要です。

 

〇標識記載内容について

 

太陽光の事業計画策定ガイドラインでは以下のような内容の記載が必須になります。

・再生可能エネルギー発電設備の区分
・設備名称
・設備ID
・設備所在地
・発電出力
・再生可能エネルギー発電事業者名、住所
・保守点検責任者名
・連絡先
・運転開始年月日

 

〇設置期限について

 

2017年3月31日以前に認定を受け、みなし認定となった設備は1年以内に設置することと決められております。この取り付けた標識や看板はFITで売電を行っている期間は設置しておかなければなりません。

このように標識や看板の取り付けは太陽光投資をやる上では必ず必要になります。このようにFIT法での認定を受ける為にはいくつか義務がございますので、投資を始める前に一通りチェックしておきましょう。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したい

などなどといった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!