0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/02/16

2021年度FIT委員長案を公表!!

基礎知識・コラム

経済産業省が1月22日に開催した第67回調達価格等算定委員会にて、固定価格買取制度(FIT制度)に加えて、2022年度に導入される市場連動型のFIP(Feed-in Premium)制度を踏まえた、2021年度以降の制度の方向性案と、それを踏まえた調達価格等についての委員長案が示されました。

毎年この委員長案はそのまま採用されることが多いので、実質決定と見ても良いかもしれません。では詳細をみていきましょう。

○太陽光発電調達価格について

太陽光発電の調達価格は、

・10kW未満

2021年度:19円/kWh

2022年度:17/kWh(2020年度は21円/kWh)。

・10kW以上50kW未満

2021年度:12円/kWh+税、

2022年度:11/kWh+税(2020年度は13円/kWh+税)。

10kW以上については、解体等積立基準額も示しました。

また、2021年度の入札対象となる太陽光発電(250kW以上)については事前に上限価格を公表して実施するとともに、太陽光発電の2021年度の入札は4回(第8回~第11回/上限価格はそれぞれ11.00円、10.75円、10.50円、10.25円)開催する方向性を示しました。

○解体等積立基準額について

解体等積立基準額は以下のようになっております。

2012年度:1.62円/kWh

2013年度:1.40円/kWh

2014年度:1.28円/kWh

2015年度:1.25円/kWh

2016年度:1.09円/kWh

2017年度(入札対象外):0.99円/kWh

2017年度第1回入札対象:0.81円/kWh

2018年度(入札対象外):0.8円/kWh

2018年度第2回入札対象:-

2018年度第3回入札対象:0.63円/kWh

2019年度(入札対象外):0.66円/kWh

2019年度第4回入札対象:0.54円/kWh

2019年度第5回入札対象:0.52円/kWh

2020年度(10kW以上50kW未満):1.33円/kWh

2020年度(50kW以上250kW未満):0.66円/kWh

2020年度(250kW以上):0.66円/kWh

2021年度(10kW以上50kW未満):1.33円/kWh

2021年度(50kW以上):0.66/kWh

2022年度(10kW以上50kW未満):1.33円/kWh

2022年度(50kW以上):0.66円/kWh

FITの太陽光関係の内容としては以上になります。おそらく近いうちにFITに関して経産省から発表があるかもしれませんのでチェックしておきましょう。

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!