0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/01/10

出力制御の運営方法について

基礎知識・コラム

太陽光投資において考えておくべきリスクの一つとして「出力制御」の問題があります。出力抑制ということもあるのですが、簡単に申し上げると電力の需要と供給のバランスを保つために電力の使用が少ないような地域では電力の供給をストップするというのがこの出力制御になってきます。

この出力制御なのですが、2019年10月に「出力制御の公平性の確保に係る指針」が改定され出力制御が実施されている地域でも今後、出力制御の運営方法が変わるということが発表されました。

 

〇これまでの運用の課題と見直し

・これまでの課題
出力制御量の算出をするためには、再生可能エネルギーの発電量がどれくらいか想定する必要があるのですが正確な予測は困難ということもあり誤差が出てしまいます。出力制御量が不足しないように、これまでは考えられる最大誤差をもとに出力制御量が算出されていました。

・今後の見直し
上記にもあります通り旧運用では、「想定される最大誤差」を踏まえた出力制御量が算出されておりました。太陽光発電が前日の予想よりも多く発電した際などで、供給が多すぎるときに供給を減らすために調整できる能力が不足しないように多めの量を算出し、出力制御指示が行われてきました。

今後の運用では「平均誤差」で算出されますので発生確度が比較的高い出力制御量が算出されることになります。この最大から平均に変更することで算出される出力制御量は低減します。

 

 

セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したい

などなどといった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!