0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/05/17

優良物件を売却する理由って何??

基礎知識・コラム

中古太陽光物件と聞いてどのような印象を抱くでしょうか?

おそらく多くの方が「使い古しの太陽光発電物件」「発電実績があまり良くなかったから売りに出した物件」と言ったような印象を抱くかもしれません。この印象、確かに一部は間違っておりませんが、大きな誤解を産んでしまっている点が多いのです。どういうことかというと、中古太陽光物件の中にも優良物件はございます。でも、太陽光投資のような安定性の高い案件で優良物件を売りに出すのか?と感じる方いらっしゃるかもしれません。この優良物件を売りに出すのにはしっかりとした理由がございますので、今回は太陽光発電事業者が優良物件をなぜ売りに出すのかについてご紹介させていただきます。

○優良物件を売却する理由って何??

中古太陽光物件を売却する理由は主に3つございます。

・実績があまり良くなかったから

まずは、最初にもあげた発電実績があまり良くなかったため初期投資の回収が難しいと感じ売却に出すというものです。

・償却期間が終了したため

FITが導入された当初は太陽光発電を行うために導入した費用を一括償却できる制度があり税制面でかなり優遇されておりました。つまり太陽光投資で節税ができたということです。そのため償却が終了した物件を売却することで収入を得ることができ一石二鳥の状態というわけです。

・キャッシュが必要になった

太陽光投資をする多くの事業者が副業で太陽光投資を行なっております。ですので、もし本業に影響が出てしまいキャッシュが必要となってしまった場合、太陽光発電物件を売却することでキャッシュを得るという選択肢が出てきてもおかしくはありません。

以上の3つが中古太陽光を売却する理由になるわけですが、「償却期間が終了して売却」「キャッシュが必要になって売却」された物件に関しては優良物件である可能性が高いです。もし、太陽光投資を今後検討されている方は中古太陽光のそう言った物件を狙ってみるのもありではないでしょうか?

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!