0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/09/06

太陽光投資で近隣トラブルを避けるためには??

基礎知識・コラム

太陽光投資はFITを利用する場合、20年間という長期間での投資になりますので、なるべくトラブルはなしで進めていきたいところではあるかと思います。近隣トラブルも避けたいトラブルの内の1つになってくるかと思います。過去にもご紹介はさせていただきましたが、太陽光投資をしていく上で近隣トラブルは避けたい問題であり、最悪、賠償責任を負和なければならない可能性もございます。

過去の記事1:太陽光発電のご近所トラブルについて
記事2:設置の際気をつけたい反射光のトラブル

 

今回はそんな近隣トラブルを避けたい方はどのような物件を選んだ方がいいのかご紹介させていただきます。

 

〇近隣トラブルを避けるためにはどのような物件を選んだほうがいいのか

・近隣に住宅等が面していない物件を選ぶ

近隣トラブルを避ける手段の1つとして近隣に住宅が面していない物件を選ぶというのがあります。近隣に住宅が面していないことで反射光によるトラブルや台風による被害の心配も少なくなりますし、近隣に農地が無ければ除草の際のリスクも軽減はできるかと思います。

・中古太陽光を選ぶ

中古太陽光は既に発電を開始している物件になりますので、トラブルのリスクを避けやすくはなるかと思います。前のオーナーが運用していた際にトラブルが起きなかった場合は立地が原因の反射光や土地境界、音などのトラブルは考えづらくはなってくるかとは思います。

 

トラブル問題とは関係ありませんが中古太陽光は償却資産目的で売りに出された物件も多数ございますので優良物件も多いとされております。

 

ですので、中古太陽光は近隣問題を避けるという上でも好条件の物件が多いので投資案件としてはリスクが少ない中始めることが可能となっております。

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!