0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/10/12

中古太陽光の優良物件見極め!土地について

基礎知識・コラム

2012年の固定価格買取制度が導入されたことにより、太陽光発電の普及が爆発的に進みました。その爆発的な普及とともに、設備を現金化したい流れもでき中古太陽光市場もできました。そんな中古太陽光市場がよくわからないという方もいらっしゃるかと思いますので中古太陽光の優良物件の見極めはどのようにすればいいのかご紹介させていただこうかと思います。

 

〇太陽光投資に向いている物件とは!?

 

太陽光発電に向いているのは日当たりがよい土地になります。細かく言うと「1日の日照時間が長い」や「日射量が多い」など太陽光用地の1つの条件となってきます。太陽光発電システムの近くに日光を遮ってしまう建物や木があると効率のよい発電ができなくなってしまいます。ですので日光を遮ってしまう障害物がまわりにないかということも太陽光用地に向いている土地の条件となってきます。ほかにも、「南向きに広く開けている土地」などが太陽光用地向きといえます。土地の面積が広ければたくさんの電気を生成してくれますので、広い土地は太陽光用地として活用できる可能性があると言っていいかと思います。
ですが、太陽光発電では土地に傾斜がなかったり地盤が強かったり、自然災害が少ないといった条件も重視されます。土地に傾斜があると、場合によっては十分な日射量を確保できないので、効率のよい発電ができなってしまうのが難点といえます。地盤が弱いと、地震や土砂崩れで土地が崩れてしまう恐れもでてきます。このような土地に発電システムを設置するのは、少しリスクがあるというわけです。電柱が近辺にある場合や景観条例が厳しくないといえます。

 

以上、太陽光発電に向いている土地の条件は多くあります。中古物件の場合もその土地がどのような土地なのかを事前に調べておくことで、その物件がいい物件なのか投資には難しい物件なのかを見極めることが出来るようになります。是非参考にしてみてください。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件多数掲載しております。

 

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

もし、太陽光投資を検討の際はぜひ当サイトの物件一覧もご覧くださいませ。