0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/10/04

2019年は中古太陽光の方がメリットが多い!?

基礎知識・コラム

太陽光投資と言えば利回りが高く安定もしているので初期投資、ランニングコスト分の回収期間も早まればその分収益分に充てることが可能となっております。それでは中古太陽光はどうなのか?中古太陽光の場合も仕組みとしてはほぼ同じです。初期投資分、ランニングコスト分の収益を回収できたらそれ以降は収益化させることが可能になっております。ですが、中古太陽光は稼働済みの物件になりますので売主が稼働させている期間、買主は回収期間が短くなってしまうのであまりメリットに感じていない方も中にはいらっしゃるそうです。そこで、今回は2019年に中古太陽光物件に手を出すのは大丈夫なのか?ここを見て行こうかと思います。

 

〇中古太陽光物件のメリットとは!?

 

・売電収入をすぐに得ることができる

 

太陽光発電設備を新設させる場合、売電開始させるまで工事や電力会社の協議、開発申請など時間が発生してしまいます。対して中古太陽光発電所の場合、名義を切り替えするだけですので、売電収入をすぐに得ることが可能となっております。また、売電単価も2019年時の14円より高い物件も豊富ですので利回りと回収期間次第では大きな収益を上げることも可能です。

 

・発電所の発電シュミレーションがやりやすい

 

中古太陽光発電所の場合、実際に稼働させているという面ではかなりメリットが大きいかと思います。というのも実際に稼働させている実績があることでその発電所でしっかり発電してくれているのか見極めることが可能だからです。また、発電シュミレーションもより現実的に行うことが可能となっておりますので新規の物件よりは安心して始めることが可能になっております。

 

・現物確認ができる

 

中古太陽光の場合、既に設備が完成されているので現物の確認が可能になっております。そのため、その設備の状態をしっかり確認したうえで購入の判断をすることが可能になっております。

 

このように中古太陽光のメリットは多いと言われております。

 

〇では、2019年度に中古太陽光を購入するのは問題ないのか!?

 

問題ないと言えるかと思います。むしろメリットの方が多いと考えられます。現在FITの抜本的な改正案が経産省で出されており今後固定価格での買取がなくなってしまう可能性が考えられます。その点から2019年の内に中古太陽光での投資を開始することで売電期間も長くなりますのでメリットの方が大きいと言えるかと思います。

 

〇中古太陽光ならセカンドソーラーにお任せください!

 

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

もし、太陽光投資を検討される際は、ぜひ物件一覧をご覧ください。