0120-255-505 受付時間:月曜日-土曜日 9:00~17:00

カテゴリー: 基礎知識・コラム

2017/03/03

大事にしたい太陽光発電所!保険を上手に使って快適な発電事業!

太陽光発電 保険

太陽光発電への投資をするにあたって、リスク回避のために必要なのが保険や保証です。 今回の記事では保険について書いていきます。 ■保険への加入の仕方 保険への加入の仕方は大きく分けて2つあります。 1つは発電事業者本人が保険会社へ申請を行い加入を行うというもので、もう1つは保険とセットで太陽光を販売している販売業者や施工業者を探して契約する方法です。 自分で保険会社へ申請する場合 太陽光発電設備が保 […]

2017/03/03

分譲・分割って?太陽光発電における分譲案件と禁止された理由その2

太陽光発電 制度

今回の記事では前回に引き続き、太陽光発電における分譲・分割案件について調べてみました。 前回の記事はこちら ■分譲に該当するものとは? 前回のおさらいです。 分譲案件に該当するかどうかは以下2点に沿って判断されます。 ・実質的に同一の申請者から、同時期又は近接した時期に複数の同一種類の発電設備の申請があること ・当該複数の申請に係る土地が相互に近接するなど、実質的に一つの場所と認められること また […]

2017/03/03

分譲・分割って?太陽光発電における分譲案件と禁止された理由!

太陽光発電 制度

固定価格買取制度の認定について、いわゆる分譲とか分割と呼ばれる案件の扱い方が平成26年4月1日から変更になりました。 分譲・分割と呼ばれる案件の詳細について、また制度の運用が変更になった原因について調べてみました。 ■分譲・分割案件とは? 分譲太陽光発電とは、本来ならば高圧で発電所を建設できる広さの土地に、50kW以下の発電所を複数建設する案件のことです。 こうすることにより、高圧の太陽光発電所は […]

2017/03/02

平成29年3月31日までに認定を取得した未稼働の案件はどうなるの?

太陽光発電 制度

2012年より開始した固定価格買取制度(通称:FIT)。 2017年4月1日から新制度へ移行するにあたり、旧制度で認定を取得している案件の扱いについて調べてみました。 ■旧制度での認定者への経過措置 従来の制度で認定を取得した事業者へ向けて、経済産業省が経過措置を発表しました。 新FIT法施工日の前日(平成29年3月31日)までにすでに接続契約の締結が済んでいる(発電開始済みの設備も含む)案件につ […]

2017/03/02

固定価格買取制度が変わる?今のうちに知っておきたい改正FIT法について!

太陽光発電 制度

2012年7月から始まった固定価格買取制度(通称:FIT)の一部を改正する法律が成立しました。 これにより何がどのように変わっていくのか調べてみました。 ■設備認定の失効 改正後の新制度では、設備認定をすでに取得している場合でも2017年3月31日までに電力会社との接続契約が締結できていない場合は、原則として認定が失効することとなりました。 従来の制度では電力会社へ接続を申し込んだ時点での買取価格 […]

2017/03/02

FITのプレミアム価格って?再生可能エネルギーの優遇措置について!

太陽光発電 単価

2012年に固定価格買取制度が始まってすぐに認定を受けた太陽光発電設備が、最近になっても新しく販売サイトに掲載されています。 電気の買取価格が高いのは魅力的ですが、早めに購入しないと全て売り切れてしまうのでしょうか? また現在になっても新たな物件として掲載される理由を探ってみました。 ■優遇価格期間 固定価格買取制度は再生可能エネルギー発電設備の普及を目的とした制度で、電力会社が20年間固定価格で […]

2017/03/01

まさか売れ残り!?現在よりも買取価格の高い太陽光発電について!

太陽光発電 投資

2012年に開始した再生可能エネルギーの固定価格買取制度における、電力の買取価格は年度を重ねるごとに下がってきています。 購入したい太陽光発電所を探していると、現在よりも買取価格の高い物件が販売されているのを見つけたことはありませんか? それらの物件はなぜ今まで稼働せずにいたのか、売れ残りのあまり魅力のない物件なのではないか、その疑問について調べました。 ■買取価格の遷移 土地付き太陽光発電で特に […]

2017/03/01

土地は賃貸がいい?購入がいい?太陽光発電所の未来について考えよう!

太陽光発電 投資

前回の記事では20年間の固定価格買取制度が終了した後の太陽光発電事業はどうなるか、という内容で書きました。 今回は土地付き太陽光発電所において、土地の権利を自分で所有していた場合と賃貸の場合でどのようなことが考えられるか調べてみました。 ■土地が賃貸の場合 土地を賃貸で借りて太陽光発電事業を行っている場合、多くの場合が制度終了に合わせて20年間の契約になっていると思います。 20年間で事業を終了す […]

2017/03/01

20年経ったら売電できなくなるの?制度終了後の太陽光発電について!

太陽光発電 投資

10kW以上の産業用と呼ばれる太陽光発電では固定価格買取制度により、発電した電気を固定価格で20年間買い取ってもらえます。 20年間が経過した後は電気を買い取ってもらえなくなるのか、発電所を存続できるのか、20年後の将来について考えてみます。 ■売電は継続できる? 固定価格買取制度は、発電事業者が発電した電気を電力会社が固定価格で20年間買い取ることを国が義務付けた制度です。 つまり20年間が経過 […]

2017/02/28

太陽光発電所って何年もつの?法定耐用年数と実際の例を見てみよう!

太陽光発電 投資

10kW以上の産業用太陽光発電では固定価格買取制度によって、発電した電気を電力会社が20年間買い取ることが義務付けられています。 しかし本当に20年間も太陽光発電所は稼働できるのでしょうか? 法定耐用年数と過去の例から考えてみます。 ■法定耐用年数とは 法定耐用年数とは簡単に説明すると、個々の機械などの耐用年数を正確に見積もることが困難であるため、減価償却資産がどれくらいの期間利用に耐えうるかを法 […]