0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/03

世界の再生可能エネルギー導入量はどうなっている?

基礎知識

SDGsという言葉をよくテレビや新聞等で耳にするようになりました。そのSDGsの目標達成において、再生可能エネルギーが注目を集めております。

○なぜ、再生可能エネルギーが注目を集めているのか?

再生可能エネルギーは二酸化炭素を排出しないエネルギーということで、7つ目の目標「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」及び、13個目の目標「気候変動に具体的な対策を」において重要視されております。地球では今温室効果ガスによって地球温暖化現象が起きており、さまざまな気候の変動をもたらそうとしております。このような流れを対策するためにも二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーが注目を集めているというわけです。

○世界の再生可能エネルギー導入量は?

2019年段階の世界の累積導入量と年間導入量は以下の通りです。

世界の累積導入量(国際エネルギー機関「IEA」 発表)

1位 中国(204.7GW)

2位 アメリカ(75.9GW)

3位 日本(63.0GW)

4位 ドイツ(49.2GW)

5位 インド(42.8GW)

年間導入量(国際エネルギー機関「IEA」 発表)

1位 中国(30.1W)

2位 アメリカ(13.3GW)

3位 インド(9.9GW)

4位 日本(7.0GW)

5位 ベトナム(4.8GW)

年間導入量から伺えますが、先進国のみならずベトナムなどの新興国も導入量トップ5におりますので、新興国でも導入が進んできていることがわかります。

このように世界的に再生可能エネルギーの導入が進んでいることがわかります。日本でも火力発電に頼り切ってしまっている現状から環境に優しい再生可能エネルギーが主流のエネルギーになる時も遠く無いかもしれませんね。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!