0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/04/17

太陽光発電コスト削減と今後の動向

基礎知識

FITが2012年に導入され、太陽光発電が投資案件として注目を集め設置数は爆発的に増えていったのですが、それ以降売電価格が減少傾向にあります。その原因となるのが「発電コスト」になります。

 

〇日本の発電コストは高い?

まず、発電コストとはその名の通り発電に係る費用のことを言います。そんな発電コストが日本は世界と比べ高い方だと言われております。2017年度のデータによると世界平均が9.1円/kWhなのに対し日本では19.6円/kWhと2倍近く差があることがわかるかと思います。

日本が世界と比べ発電コストが高い理由として

・太陽光発電の設置に適した平野部が少ないこと。
・太陽光パネルの取引価格が、欧米と比べて日本は5倍ほど高い。
・太陽光発電の設置費用も、日本は5倍ほど高い。

 

〇FITも原因の一つとして考えられている

発電コストが高い要因の一つとしてFITも原因の一つだと言われております。冒頭にも少し触れましたがFITが導入されたことにより太陽光発電が投資案件として見られるようになりました。仕組みとしては20年間発電した電力を電力会社に売電をすることで収入を得るというものになります。その買取費用は賦課金という形で国民が負担しております。

つまりFITが出てきたことにより世界と比べると日本が発電コストが高くなってしまっているという考えになってしまっているというわけです。

FITの売電単価が下がってしまっているのはこの発電コストが高いと言うことも原因の一つだと考えられておりますので今後も売電単価は下がって来るのではないかと言われております。

新規で太陽光投資をするということで採算をとるのは難しくなってくると考えられます。ですので、中古太陽光だと買取価格も高いのでオススメです。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!