0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/12/09

太陽光を売却する際のポイントとは?

基礎知識・コラム

いろんな理由でなかなかな太陽光投資が上手くいかない!と売却をお考えの方が当記事を読んでいただいているかと思うのですが、売却は多くの方が初めてです。その際、どのような点に気を付けていけばいいのかわかりませんよね。今回はそんな方へ太陽光を売却する際のポイントについてまとめてみましたのでご紹介させていただきます。

 

1、適正な売却価格

立地や利回りなどの条件ですぐに売却できる場合もあります。条件が良ければ買主にも興味を持っていただきやすくなりますのでその分価格も上がります。購入希望者が多い地域や太陽光発電所の流通が少ない地域では、多少強気な価格設定をしても売却することが可能です。ですが、基本的には立地・利回りなどの条件に適した価格をつけることが、早くかつ高値で売れるコツとなってきます。

 

2、人気の地域かどうか

人気の地域は東京・中部・関西電力管轄の地域となっております。なぜ、この地域が人気なのかというとこの他の地域は出力抑制の対象地域となっているためです。特に九州では出力抑制対象地域が多いことから、抑制対象外の地域では希少性が高く、高値で勝負しやすくなっております。また、人口が多い地域かどうかでも変わってきます。人口が多ければ多いほど電力の需要が大きいのでその分抑制もかかりづらくなります。このように出力抑制は売電リスクに大きくかかわってくるので注目するところとなっております。

 

3、フェンスの有無

安定した太陽光発電の稼働や感電防止のため、20kW以上の太陽光発電所には、必ずフェンスを設置しなければいけません。このフェンスが設置されていないと改正FIT法によりFITの認定が取り消されてしまう可能性がございます。そうなると買い手もつかなくなってしまいますので売却をする前にフェンスは設置しておきましょう。

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光買取を強化しております!!

 

セカンドソーラーでは中古太陽光の買取を強化しております。

確かな実績をもとに売主様、買主様に満足のいただける価格での取引を実現させます!!

もし、中古太陽光物件の買取を検討している方はセカンドソーラーまでお気軽にご相談くださいませ!!