0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/11/13

なぜメンテナンスを頻繁に行わなければいけないのか

基礎知識

太陽光発電を検討される方の多くは投資目的になるかと思います。固定価格買取制度が2012年から導入されて以降、太陽光投資を始める方が爆発的に増えました。そんな太陽光投資をしていく上で重視しておきたいのことの1つが、「資金繰り」になります。やはり、投資をしていくわけですので当然利益を出していかなければなりません。そう考えると、削れるだけ経費は削っておきたくなってくるかと思います。ですが、その経費削減のやり方を間違えてしまうと逆に大赤字になってしまうというリスクも太陽光投資には存在します。

 

〇太陽光投資をしていく上でのランニングコスト

 

太陽光投資はFITで進めていくと投資期間は20年になります。設備周辺の雑草が延びてきたら雑草を切っていかなければなりませんし、設備が壊れたら直すか交換をしなければなりません。このように20年というかなり長い期間ですので、それなりの経費は発生してしまいます。そんなランニングコストを抑えていく上で重視していただきたいのが「定期的なメンテナンス」です。

太陽光設備の中には精密機械も存在します。みなさんのご自宅にある電子レンジを想像してみてください。電子レンジも精密機械ですが、20年間使い続けているという方はなかなか見ません。何年か経つと調子が悪くなるか、壊れてしまうかです。太陽光設備も同様で、何年か経つと経年劣化で壊れていってしまいます。特に太陽光設備は外に設置するので特に劣化しやすいです。

 

〇もし、劣化した状態で放置するとどうなるのか?

 

劣化した状態で放置するとまず発電効率が低下します。20年間という限られた期間で発電効率の低下した期間のロスは投資においてももったいないです。そして、劣化に気づかず壊れてしまった場合発電もできなくなってしまうので、その期間の収入は無くなると共に修理費用も発生するのでいいことありません。

こういったことを防ぐためにも太陽光投資を始めたら定期的なメンテナンスは行いましょう。

 

 

〇セカンドソーラーは中古太陽光物件多数掲載中!!

 

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

稼働歴のある物件になりますので太陽光投資経験が無いという方も始めやすくなっております。

もし太陽光投資をご検討の際はセカンドソーラーまでお気軽にご相談くださいませ。