0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/06/21

FITが終了する今、中古太陽光に注目!?

基礎知識

2019年6月経産省によってFITの終了を検討していることを発表いたしました。FIT終了ということは再エネ事業の収入のを得る方法が大きく変わるということを表しております。

このFIT終了を検討していると考えられる要因については昨日の記事で触れておりますのでこちらをご覧ください。
記事:なぜ固定価格買取制度終了へ検討しているのか

今回はFIT終了へ検討している今、中古太陽光物件に注目しておく理由についてごしょうかいさせていただきます。

 

〇今までのFITでの収入方法は?

FIT(固定価格買取制度)は2012年にできました。自分たちで設備を投資しその設備で生成した電力を国に売電することで収入を得ることが出来ておりました。つまりこれは、発電すればその分収入を得ることが出来るということもあり不労所得にもつながっておりました。固定価格買取制度では減価償却も可能でしたので節税にはもってこいの投資としても注目を集めておりました。

ですが、年々売電価格も下がり投資としては難しい環境になってしまっていたというところも正直なところです。

 

〇経産省が検討している入札制度とは!?

詳しくはこちらの記事でご紹介させていただいているのでご覧いただいてほしいのですが、簡単に申し上げますと「最も安く電気を売るという人から順に電気を買うことができ必要電気量が集まったら終了」というような制度になります。これは、売電価格が高くなる時もあれば安くなる時もあるということです。ですが、以前の固定価格買取制度と比較すると売電収入の安定性というところは劣ってくると考えられます。

 

〇そんな今、中古太陽光物件をご覧ください!

経産省からはっきりとした発表がないので断言まではできませんが、恐らく今まで設備認定受けた物件に関しては引き続き固定価格での売電ができると考えられます。ですので中古太陽光物件は固定価格で安定した売電収入を得ることが出来ると考えられます。経産省は今月中に発表があるとのことですのでその点注目しておきましょう。