0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2019/05/22

太陽光発電:遠隔監視システムのメリット・デメリット

基礎知識

太陽光投資期間20年を無駄に終わらせたくないのであればこの遠隔監視システムの導入をオススメいたします。

太陽光発電での遠隔監視は太陽光発電所での発電量を遠隔で監視できるシステムとなっております。遠方にある太陽光発電所でもこの遠隔監視用のサイトからスマホやPCで状態を閲覧することが可能です。事業者様自身が閲覧できるのはもちろんのこと、施工業店やメンテナンス業者ともIDやパスワードを共有することによって業者もリアルタイムで発電状況を確認することが可能になっております。

それでは、この遠隔監視システムを導入することによっておこるメリットやデメリットを見ていきましょう。

 

〇メリット
最大のメリットは上記にもあります通り、リアルタイムで発電所の発電状況を確認することができ万が一トラブルが起きた際は早期発見へとつながり対処も出来るというところです。悪天候でパワコンが停止してしまった際も遠隔監視をすることで、すぐに復旧への対処を行うことも可能です。

〇デメリット
デメリットとして一番考えられるのはやはり”コスト”です。
遠隔監視本体を購入するための費用,遠隔監視を設置するための設置費用、離れた場所で発電量を確認するための通信費など、メーカーによって金額は異ってきますが、それぞれ費用が発生してしまいます。低圧の遠隔監視の場合でもおよそ30万~50万は発生してしまうみたいです。遠隔監視システムを導入しても故障してしまったらまたその修理費用等でコストがかかってしまいます。

 

上記にもあります通り、遠隔監視システムを導入するメリットもありますがもちろんコストがかかってしまうという面ではデメリットも生まれてしまいます。

ですが、太陽光物件を購入される多くの方は投資目的の方だと思いますので「売却ロス」を生まない為にも遠隔監視システムの導入をオススメいたします。もし、遠隔監視システムを導入しなかったら毎月届く明細で発覚ということになるのでできるだけ早めにトラブルに対処するためにも導入をオススメいたします。