0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/05/01

投資は富裕層だけのもの??2021年は投資するべき?

基礎知識・コラム

数年前の話ではございますが、年金2000万円問題が出たあたりから「投資をした方がいい」というような風潮が出てきつつあるような気がします。貯金だけではカバーできない将来の金銭的不安を投資でまかなうという考え方が広がってきています。今回はなぜ一般にもこのような考え方が広がっているのか?そして2021年は投資をするべきなのかについて考えていこうと思います。

○貯金ではお金が増えない時代

日本人は特にですが、給料をもらったら貯金をするという風習が根強いように感じます。この風習も一昔前の定期預金の金利が5~6%あった時代の影響だと言われております。5~6%ですと投資とほぼ同じくらいの利回りとなりますので、貯金をした方がいいということになります。ですが、現在は預金ではお金が増えない超低金利時代となってしまっており、金利が高いものでも0.2%ほどですので100万円を預けていても2000円しか増えない計算になります。

預金は確かにお金が減らない(銀行が潰れないというリスクを度外視した場合)というリスクがございますのでその点では安心かもしれませんが、資金は増えないので眠らせているだけという状態なわけです。

○老後の資金確保のためには投資が大事になる!

老後の資金確保のためには貯金が大事と考えている方がほとんどかと思いますが、経済的に余裕のある暮らしをしていくためには投資をした方がいいと言われております。投資をするには情報収集や勉強は必要となりますが、預金や給料の上昇に期待するより、リスクの少ない投資について学び運用して行った方が効率的だと考えられます。

ですが、新型コロナウイルスによる影響を受けてしまっている場合は例外です。投資は生活に困らないくらいの余剰資金で運用していった方がいいと思いますのでそう言ったところは自己責任で行う必要がございます。ですので、2021年に投資をしたいという方は自分の資金から見て投資をしても今後の生活に困らないと判断できる場合は投資をしてみましょう!

太陽光投資は自分で発電設備を所持し売電することで収益を上げることができますので安定性は他投資と比べ抜きに出ております。初期費用も年々下がってきておりますので、サラリーマンも始めやすくなっております。ぜひ投資を始めるなら太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか?

セカンドソーラーは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!