0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/06/17

太陽光法人で役員報酬を取る際はご注意を!!

基礎知識・コラム

太陽光投資をしていく上で、法人所有でこれから所有を使用としている方は多いのではないでしょうか?ほとんどの太陽光法人は従業員を雇っていないかとおもいますので自分だけであれば問題はないかと思うのですが、問題は役員報酬を取るとなった場合になってきます。

 

〇太陽光法人で役員報酬を取るとなった場合どうなるのか?

始めに結論から申し上げますと、役員報酬を支払うと社会保険料や場合によっては住民税が発生します。そうなると余計な出費が出てしまいます。太陽光投資となると20年間という限られた期間での投資となりますので、収益は出せるところでだして、可能で会えば出費も抑えていきたいところです。

 

〇太陽光法人で運用する場合は、役員報酬を取らないという判断もいいかとおもいます!!

以上のことより太陽光法人での運用をする場合は役員報酬を取らないという判断をしてみてもいいかもしれません。自らが会社を運営していく上で、税法をしっかり理解した上で適切な運用をしていくことが大事になってきます。ですので、太陽光法人で役員報酬を取る場合は注意しておきましょう。

 

 

〇太陽光投資を開始するなら中古太陽光がオススメ!!

太陽光投資を始めようと検討している皆さま。中古太陽光をご存知でしょうか?中古太陽光とは稼働済み物件のことを言います。ここだけ聞くとあまり印象は良くないかもしれませんが、稼働済み物件ということもあり過去の実績がわかることから資金の運用がしやすくなっております。他にも売電単価が現在の価格より高いことから、高利回りの投資が期待できます。

 

〇セカンドソーラーではそんな中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!