0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2021/11/14

J-クレジットの入札価格について

基礎知識・コラム

まず表題に入る前にJ-クレジットについて軽く触れておきましょう。

○J-クレジットとは

J-クレジット制度とは、「削減・吸収できた温室効果ガスの量」という目に見えない価値を「クレジット」として見える化し、売買できるようにした制度のことを言います。現在では環境省、経済産業省、農林水産省によって運営しています。ここ数年の間で脱炭素の動きが世界的に見られ始めており、このJ-クレジットが注目されてきつつあります。このJ-クレジットを作る人を”創出者”、J-クレジットを利用するために購入する人を”購入者”と呼びます。

多くの方はこのJ-クレジットを入札によって売買しております。

○J-クレジット入札価格は年々上昇傾向に

J-クレジットの大口活用者向けに、過去10回の入札販売を実施しております。再エネ発電由来のクレジットがCDP質問書に報告可能になったため、需要家の注目を集めていることから、第4回以降は再エネ発電と省エネ他を分けて販売しております。今回は再エネ発電に絞ってそのデータを見てみましょう。

・再エネ発電

第4回(2018年1月)

販売量:400,000トン

平均販売価格1,716円/トン 

第5回(2018年4月)

販売量:400,000トン

平均販売価格 1,724円/トン

第6回(2019年1月)

販売量:200,000トン

平均販売価格:1,830円/トン

第7回(2019年4月)

販売量:200,000トン

平均販売価格:1,801円/トン

第8回(2020年1月)

販売量:200,000トン

平均販売価格:1,851円/トン

第9回(2020年6月)

販売量:200,000トン

平均販売価格:1,887円/トン

第10回(2021年1月)

販売量:250,000トン

平均販売価格:2,191トン

第11回(2021年4月)

販売量:200,293トン

平均販売価格:2,536円/トン

J-クレジット事務局:「J-クレジット制度について(データ集)」より

この情報から分かる通り入札価格が年々上昇してきていることがわかります。近年、脱炭素の動きが世界的に見られることによりJ-クレジットの需要が上昇していることがわかります。政府は今後、ブロックチェーンの導入も検討すると発表していることから今後も入札価格は上昇するのではと考えられます。

セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!