0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/07/13

コロナ不況での株取引と太陽光投資

基礎知識・コラム

今年に入ってからずっと世間を騒がせている新型コロナウイルス。このコロナ感染拡大防止の影響で世界経済に深刻な影響を及ぼしているのは事実です。2020年7月現在でもこのコロナの影響というのは収まっておらずいままでのようなビジネススタイルでは困難な場面もいくつか出てきております。投資業界も同じで、コロナウイルスによる影響を受けてしまっているのもございます。

 

その1つが株式投資です。

 

2020年の2月末では世界中の株価が大暴落し、NYダウに関してもリーマンショック以来の下落幅を記録しました。その後も少しずつ下落は続き現在ではそこから少し回復はしてきましたが、以前のような水準までにはなっていません。
株の予想は基本的に過去の情勢や値動きの傾向から学んでいくものですが、今回のコロナウイルスのような異常状態で取引をするのは半分ギャンブルのような取引になりますので、投資対象としてはリスクが高いと取れます。

 

対して太陽光投資はどうでしょう?

 

太陽光投資の運用は現在地点でコロナウイルスによる影響はそこまで受けておりません。そして、恐らく今後も左右はされづらいかと思います。というのも、太陽光投資は太陽光から電力を生成してそれを売電することで収益を得ておりますので、世界情勢が悪くなってもそこまで影響は受けません。

 

ですので、このコロナ不況で投資を検討の際はぜひ太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか?

 

〇中古太陽光ならすぐに運用可能!!?

中古太陽光は過去に稼働していた物件になりますので、新規で設立するのに比べ早めに運用をすることが可能です。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!