0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/04/12

中古太陽光市場が盛り上がる理由③「売り手の増加」

基礎知識・コラム

中古太陽光市場がいま盛り上がりを見せております。太陽光発電の全量売電が2012年からはじまり投資界では爆発的に広がっていきました。それと共に太陽光発電設備と売電権利を売買する中古太陽光市場に注目が集まるようになりました。

今回は中古太陽光市場に注目が集まる理由として「売り手の増加」に焦点を絞ってご紹介させていただきます。

 

まず、オーナーが売却を検討する主な理由がいくつかございます。

 

・償却目的の太陽光発電

固定価格買取制度が導入された当初は投資目的で太陽光発電設備を所持しているというわけではありませんでした。というのも、減価償却費の計上という節税目的で参入したという方がいました。その場合、償却期間が終了したら売却をしたいという仕組みです。

・本業で現金が必要になった

太陽光投資をする多くの方が副業で始めております。太陽光発電はFXや株などのように常に張り付いて管理をする必要がありませんので副業としても始めやすいです。そんな太陽光投資なのですが、20年という長期間ですので本業で現金がどうしても必要になってしまうケースも考えられます。その場合、選択肢の1つに太陽光発電機の売却が考えられます。

 

このように太陽光発電機は売り手が少しずつ増えてきております。1つ目にあげた償却目的による売却は特に多く太陽光物件としても条件がかなり良かったりします。

売電単価が下がってきてしまっている今、こうした中古太陽光の需要と供給がうまくマッチしているため盛り上がっているのだと言えるかと思います。

恐らくこれから市場はさらに注目されてきていくかと思います。太陽光投資を検討する際は中古太陽光で検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!