0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/04/03

フェンスはどのようなものを設置するべきか?

基礎知識・コラム

太陽光発電所を設置するにあたって、フェンスの設置は法律によって決まっている対象の発電所はもちろんのこと、それ以外の発電所も設置をしたほうがいいと言えるかと思います。

 

その理由に関してはこちらの記事でご紹介させていただいておりますので、併せてご覧ください。
記事: 太陽光発電所にフェンスを設置するべきか否か

今回はどのようなフェンスを設置したほうがいいのか、それぞれのニーズによって異なりますので、何パターンかご紹介させていただきます。

 

◯とりあえずフェンスがあればいい

最低限対応できるフェンスを設置したいという方は、小動物向けのアニマルフェンスを設置していることが多いように見えます。この場合、小動物の侵入は回避できますが、人の侵入は回避できませんので、最低限フェンスを設置しておきたいという方はこのアニマルフェンスでいいかと思います。

 

◯人の侵入が防げるフェンスがいい

人の侵入を防げるフェンスとして、有刺鉄線で高さ2メートルいかないくらいのものを設置しているところも見かけます。また、2メートルいかないくらいのフェンスだと大型の獣の侵入も防げますし、網目が粗い分フェンスで遮光される心配もありません。

 

◯見た目がしっかりしたフェンス

あくまで、発電所をずっと自分で運用するという方は上記の2点のようなフェンスでもいいかもしれません。ですが、もし投資目的で行う場合、本業の資金繰りが上手くいかなくなるという可能性が考えられます。その場合、やむを得ず転売をするということになるかと思うのですが、そうなると上記の2点のフェンスだと買取見積もりがガクッと下がる可能性が高いと考えられます。そのためにも見た目がしっかりしたフェンスの取り付けをオススメします。見た目がいい分リスク回避もアピールできます。

 

以上、フェンスで悩んでいる方は是非参考にしてください。

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなどなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!