0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/02

名義変更の際必要な電力会社での手続き

基礎知識・コラム

太陽光のセカンダリー事業の需要が高くなってきている現在、売却を検討している場合、売却をするチャンスは今と言ってもいいかもしれません。そんな太陽光を売却する際は名義変更が必要になってくるのですが、太陽光の名義変更のやり方についてはなかなか業者ではない限り難しいかもしれません。今回は、名義変更の際に必要な電力会社での手続きについてご紹介させていただきます。

 

〇電力会社

 

前回の記事で経済産業省には事業計画認定ももらっているのと同じように、電力会社には太陽光発電で売電を行う契約を行っております。こういったことより売電した収入は電力会社から登録された口座に振り込まれております。ですので、所有者が変わる場合はこの振込先口座を変更しなければなりません。この変更の手続きは電力会社のカスタマーサポートや設置場所の営業所などへ電話をして申請を行うことになります。その際に発電所の設置してある住所やオーナーの名前などを聞かれることがありますのであらかじめ詳細がわかる書類を準備しておいた方がいいかと思います。

この口座情報の変更手続きは少し時間がかかります。変更の手続きが完了した後でも必ず次の振込から反映されるというわけではありませんので、変更の手続きを行う際は何月から変更後の口座に振り込まれるのかは確認しておきましょう。

 

以上、名義変更の際に必要な電力会社での手続きについてになります。該当される方は参考にされてください。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなどなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!