0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/02/26

中古太陽光の取引で大事な点はどこ??

基礎知識・コラム

中古太陽光は近年かなり注目を集めてきております。というのも売電単価が年々低下してたり、FITが終了する見込みが出てきていることから新設で太陽光システムを設けず中古太陽光を買ったほうが利回りがいいということが出てきているため中古太陽光へのニーズが高くなっていると言えます。

そんな中古太陽光を「売却したい場合」「買いたい場合」大事にしていただきたい点が双方のメリットを理解することです。今回は売主、買主のメリットは何なのか?ご紹介させていただきます。

 

〇売主のメリット

 

・FIT単価が高いという強みがある

 

上記にもありますが、FITによる売電単価は年々下がってきております。そのため古ければ古いほど売電単価が高いということになります。これは利回りにも大きくかかわってきますので完全に強みになります。

 

・設備が古ければ古いほど始めやすい

 

中古太陽光物件のメインは稼働済み物件です。つまり、古ければ古いほど稼働実績がありますので、太陽光投資経験が無いという方は特に始めやすいかと思います。

 

 

〇買主のメリット

 

・ランニングコストが投資額に見合っているかがわかる

 

ランニングコストは実際に稼働させないとどれくらいかかるかわからないのですが、中古太陽光ですとその点がわかりますので、メリットと言えるかと思います。

 

・金融機関からの融資が受けやすい

 

金融機関が融資するかしないかの判断基準として「貸したお金が戻ってくるか」というところにあります。中古太陽光の場合、過去の稼働実績がありますので今後の収益がどのくらい出るかある程度想定ができますので融資も受けやすくなっております。

 

このように双方にメリットが存在します。このメリットを理解し取引を進めることで優位に交渉しやすくなってくるかと思います。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光の買取サポートを強化しております。

投資を始めたがキャッシュが必要になり太陽光設備を売りに出したいなどなど

といった方いらっしゃいましたらお気軽にセカンドソーラーまでご相談ください。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける

取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!