0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/02/01

出力制御に対応可能な機器の設置は義務?

基礎知識・コラム

太陽光発電事業をしていく上で注意したい点の一つとして「出力制御」がございます。

 

〇出力制御について

 

出力制御について簡単に説明をしますと、電力の需要と供給のバランスを取るために抑制をかけることを言います。電力の使用が多い地域では出力制御がかかることはございませんが、電力の需要が低い地域だと電力の供給に抑制がかかってしまいます。もし、この電力の需要と供給のバランスが崩れてしまうと電力の使用が困難になり大停電になってしまう可能性がございますのでこのバランスを崩してはいけないというわけです。

 

出力抑制が実際に行われる際は、電力制御スケジュールを取得しパワコンの出力を調整する機器が必要になります。2015年4月1日以降に電力会社に接続申込が受領された案件のうち、地域・設備容量によっては、今後出力制御に対応可能な機器の設置が義務づけられました。

・2019年4月時点

九州電力では2018年10月から出力制御が実施されております。四国、沖縄、中部電力でも出力制御対応機器の切り替えを案内するなど出力抑制地域の拡大の動きも見せております。

 

〇中古太陽光の場合も出力抑制の対象?

 

中古太陽光もかわらず出力抑制の対象になります。すでに対象になっている物件も中にはあるかもしれませんので太陽光発電事業を行う場合はそういった点をしっかり確認し収益の面で問題がないか確認をしておいた方がよろしいかと思います。

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!