0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

タグ: 地熱

2017/03/21

改正FIT法施行前に知っておこう!太陽光発電に関する基礎知識!

太陽光発電 基礎

2017年4月1日の改正FIT法施行まで残り少なくなってきました。 今回の記事では4月から新たに太陽光発電所の設置を検討されている方へ向けて、太陽光発電の基礎知識をお伝えしていきたいと思います。 ■太陽光発電とは その名の通り、太陽から発生した光を太陽光パネルで電気に変換する発電方法のことを太陽光発電といいます。 太陽光発電は化石燃料のように資源が枯渇する心配がなく、発電の際のCO2排出量が極めて […]

2017/03/14

施行目前!改正FIT法による調達価格の見直しと価格目標について!

太陽光発電 制度

2017年4月1日からの施行を目前に、改正FIT法について調べる記事シリーズです。 今回は調達価格について書いていきます。 ■価格目標について 改正FIT法により、電源毎に中長期的な価格目標を設定することとなっており、これを通じて事業者の努力やイノベーションによるコスト低減を促すこととしています。 調達価格算定委員会において示された具体的な目標は以下の通りです。 ▼太陽光 ・FITからの自立を目指 […]

2017/03/10

新しい太陽光発電事業の認定基準と審査基準!改正FITでどう変わる?その2

太陽光発電 制度

これまで数回に渡って2017年4月施行の改正FIT法によってこれまでの認定基準と審査基準がどう変わるのかをお伝えしてきました。 今回の記事も改正FIT法に則った新しい認定基準と審査基準について書いていきます。 前回までの記事はこちら ■新認定基準の審査基準 申請された事業計画認定が認定基準に達するかどうかの審査基準はたくさんありますので、以下に書いていきます。 ■土地の確保 ▼認定基準:再生可能エ […]

2017/03/10

太陽光の未来が変わる?改正FIT法で追加される新認定基準について!

太陽光発電 制度

改正FIT法により今まで設備認定申請として扱われていたものが事業計画認定へと変更になるということを前回の記事でお伝えしました。 事業計画認定へと変わったことで追加された認定基準などについて書いていきます。 ■認定基準 新制度で追加される主な認定基準は以下の3つです。 1.事業の内容が基準に適合すること ・適切に保守点検及び維持管理するために、必要な体制を整えて実施するものであること ・外部から見や […]

2017/03/09

平成29年4月より改正FIT法施行!現行制度見直しの背景について!

太陽光発電 制度

前回までに現行の固定価格買取制度の発足から現在のこと、よくある質問やその回答について書いてきました。 今回からいよいよ目前に迫った改正FIT法について調べていきます。 現行制度の発足から現在のことやよくある質問はこちら ■改正FIT法 平成29年4月1日から、再生可能エネルギー(以下再エネ)の最大限の導入と国民負担の抑制との両立を図るため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別 […]

2017/03/09

改正目前!固定価格買取制度の発足から現在までを振り返ってみよう!その2

太陽光発電 制度

2017年4月の改正を目前にして、固定価格買取制度の発足から現在までを振り返る記事第2弾です。 日本のエネルギー自給率は低く、そのほとんどをいつかは資源が枯渇する化石燃料に頼っています。 そこで資源の枯渇の心配がなくCO2の排出量も少ない再生可能エネルギーに注目が集まった、というところまでは前回の記事でお伝えしました。 文章だけ見るとメリットだらけの再生可能エネルギーですが、普及がなかなか進まなか […]

2017/03/09

改正目前!固定価格買取制度の発足から現在までを振り返ってみよう!

太陽光発電 制度

2012年に開始した固定価格買取制度(FIT)ですが、2017年4月より改正FIT法が施工されることとなりました。 制度が改正に至った背景を考える前に、固定価格買取制度とは何なのか調べてみました。 ■固定価格買取制度とは まず、固定価格買取制度とはいったいどのような制度なのでしょうか。 経済産業省の資源エネルギー庁のホームページにはこう書いてあります。 「再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会 […]

2017/03/02

FITのプレミアム価格って?再生可能エネルギーの優遇措置について!

太陽光発電 単価

2012年に固定価格買取制度が始まってすぐに認定を受けた太陽光発電設備が、最近になっても新しく販売サイトに掲載されています。 電気の買取価格が高いのは魅力的ですが、早めに購入しないと全て売り切れてしまうのでしょうか? また現在になっても新たな物件として掲載される理由を探ってみました。 ■優遇価格期間 固定価格買取制度は再生可能エネルギー発電設備の普及を目的とした制度で、電力会社が20年間固定価格で […]