0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2022/01/07

BCP対策と自家消費型太陽光発電

基礎知識

企業を経営していくにあたって何事においてももしものことに備えておく必要がございます。災害についても同様です。日本はここ数年の間、豪雨や地震といった災害が増えてきているように感じます。そんな際に対応できるように必要最低限のことを想定しておく必要があります。そこで、ある考え方がBCP対策です。

○BCP対策とは??

BCPとは、事業継続計画(Business Continuity Plan)の略称で、地震や台風、停電のほか、事件やテロなどの緊急事態に、企業がどのような対策を行うかをまとめた計画のことを言います。日本では内閣府が2005年に「事業継続ガイドライン」を発表し、数年ごとに改訂を重ねています。国としても企業に対してBCPの策定を強く推奨しています。

このBCP対策の1つとして代表的なのが自家消費型太陽光発電です。

○BCP対策と自家消費型太陽光発電

まず自家消費型太陽光発電とは、太陽光発電でつくった電気を電力会社に売らずに、工場や店舗などの自社の設備で使用することをいいます。日中晴れている際は発電した電気を自社設備で使用することができます。また、停電時の日中には、パワーコンディショナの自立運転機能を使用することで非常用電源として使用し必要最低限の電気を確保することができます。

自家消費型太陽光発電を導入することで、災害で電力会社からの電気供給がが困難になってしまった際も電力を使用することができますので、緊急時においても最低限の対応をすることが可能です。

また、非常用電源を確保しておくことで、自社のみならず近隣住民に電気を供給をすることも可能ですので、地域貢献に役立てることも可能です。

BCP対策をしていく上で自家消費型太陽光発電の導入を視野に入れておいてもいいでしょう。

○セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

セカンドソーラーでは多数の中古太陽光物件を掲載しております。中古太陽光は売電単価が高いだけでなく売電の実績もございますので初めての方でも始めやすくなっております。売電期間終了後も自家消費としてご利用いただくことが可能と言われております。セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまにご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。太陽光投資をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!