0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/05/01

雹による影響は受けることはないのか?

基礎知識

太陽光パネルは基本空き地に設置をすることから自然災害による影響は諸に受けやすいです。その点で不安になることがあるかもしれません。雹もその中の1つの要因として挙げられます。

 

〇雹によっておこるトラブルとは?

やはり雹によって起こってくるトラブルは、パネルの損傷が問題として上がってくるかと思います。雹がパネルにあたるのは、石ころが空から降ってくるようなものだとおもいますのでパネルが損傷してしまうという可能性は想定しておかなければなりません。

 

〇パネル損傷の素人判断は危険!!

パネルの損傷は見えるものもございますが、実は見えない損傷という場合もございます。ですので、素人目で判断することは危険と言えます。また、パネルの損傷は表面だけとは限りません。パネルは表面よりも裏面のほうが弱いので裏面に傷が入ってしまうという可能性は否定しきれないかと思います。

 

〇ソーラーパネルのトラブルは専門家に相談しましょう!!!

上記のようにソーラーパネルのトラブルは素人目で判断するのは困難です。たまたま、異変に気付いたときは既に遅いという場合もあり、原因の特定も難しくなってしまう事もあります。

ですので、目立つ傷はもちろんパネルの小さい傷やヒビを見つけたときは、ソーラーパネルの購入先に相談することをオススメいたします。ソーラーパネルによる不具合は電気工事の資格を持っている人しか対応が出来ませんので、安全な手順でシステムを停止しないと大変なことになってしまう危険性が高いです。

雹などでソーラーパネルの損傷を見つけたときは専門家に相談しましょう!!!

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!