0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/04/21

収支シュミレーションを理解しよう!(初期費用)

基礎知識

太陽光投資の収支シュミレーションを行っていく上である程度の知識は入れておく必要があるでしょう。そんな収支シュミレーションを行っていく上で一番コスト面で考えていかないといけないのが初期費用になります。

この太陽光投資での初期費用にはシステム費用や工事費、太陽光発電設備を設置する土地の造成費、その他の費用が含まれてきます。

まず、システム費用とは太陽光パネル、パワコンなど太陽光発電で必要となる機器のことをさし、工事費は取り付け業者が太陽光機器を取り付ける費用のことをいいます。

太陽光の取り付けが難しく埋め立てが必要な地域では造成が必要になりますし、フェンスの取り付けもしていかなければいけなかったり農地であった場合は農地転用もしていかなければなりません。

このように初期費用はどうしてもかなりの費用が掛かっていってしまうということがわかるかと思います。ですので、初期費用についてしっかり理解することでどこで節約をするべきかということが理解可能です。

 

〇節約のしかたを間違えると逆に赤字になることも!

これまでは、初期費用を理解することで収支シュミレーションを立てやすくなり節約にもつながるということを説明させていただきましたが、その節約の仕方を間違えると逆に赤字になるというリスクもあります。1つ例を挙げるとすると太陽光パネルです。

太陽光パネルを節約ということで性能の低いパネルにすることで劣化が早く故障するリスクがでてきてしてしまう可能性がございます。もし、パネルが故障してしまうとその期間の売電が出来なくなってしまいますので、最終的に赤字になってしまう可能性が出てきます。

このように節約のしかたを間違えることで赤字になることがありますので気を付けましょう。

 

 

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!