0120-255-505 受付時間:月曜日-日曜日 9:00~21:00

基礎知識・コラム

2020/03/20

メガソーラーになぜ注目が集まるのか?

基礎知識

投資を検討する多くの方はある程度の資金がたまった方、もしくは企業が多いかと思います。そんな方々の投資対象として人気が高いのが「太陽光投資」でそのなかでも大規模な「メガソーラー」に注目が集まっております。

 

〇メガソーラーについて

メガソーラーとは、1000kW=1MWを超える規模の大きい太陽光発電設備のことをいいます。発電した電力を売るビジネスのことをメガソーラービジネスと呼びます。FIT法が2012年からスタートしたことにより、20年という長期間、電力を固定の価格で買い取ってもらえるようになったことであらゆる企業や自治体が太陽光発電事業に参入してきました。

 

〇メガソーラーの年間発電量は?

メガソーラーも低圧の太陽光発電と同様、気温や気候、日射量、設置する場所でも変化していきます。1000kWのメガソーラーでは年間で100万kWh以上の発電量が見込めると言われております。これは、一般家庭の電力量で換算すると200世帯分の消費電力を賄えることが可能です。

このように大規模な分年間発電量も多いということはお分かりいただけたかと思います。つまり発電量が高いということは売電収益も多くなりますので、太陽光投資で高い収益を出したいという方はメガソーラーに注目をするというわけです。

ですが、このメガソーラーはリスクもさまざま存在します。ですが、そのリスクは中古太陽光でカバーできる点がございますので中古太陽光でメガソーラーをご購入いただくことをオススメします。

 

中古太陽光をオススメする理由についてはこちらの記事をご覧ください。
記事:メガソーラーを新規でオススメしない理由

〇セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

 

現在セカンドソーラーでは中古太陽光物件を多数掲載しております。

上記のように太陽光投資は新規で始めるとリスクが伴いやすくなっております。

そこで、売電単価も高く実績もある中古太陽光だと安心して投資を始めることが可能となっております。

セカンドソーラーでは多くの実績から売主さま、買主さまに

ご満足いただける取引ができるよう努めさせていただいております。

太陽光設備の売却をご検討の際はぜひセカンドソーラーまで!!!